包茎手術でコンプレックス解消

包茎手術でコンプレックス解消

ある調査によれば7割は仮性包茎だといいます。
それだけ多くいるならそんな話もできそうなものですが、そこは微妙な場所であるだけに男同士でも話せないものです。
最近は、雑誌などで仮性包茎でも治さないといけないと書かれていますから、言わないだけで気にしている人は多いでしょう。
ちょっとカリにかかっているくらいなら剥けばなんともありませんが、剥こうとしてもほとんど剥けない場合はコンプレックスを感じるものです。
自分はなんとも思わないという方もいるでしょうが、若い人ほど気にする傾向があるようです。
見た目が悪いことと、友だちにバカにされるんじゃないかという心配もあるでしょう。
包茎であるばかりに、一緒に風呂やシャワーに行けないという方もいるようです。
ある時銭湯に行ったら、そこにいたおじさんに思いっきり指摘されたという知人がいました。
そんなことがあったら二度と銭湯に行こうという気持ちも起きないでしょう。
もっとも、その人はそれがきっかけで包茎手術の決心がついたそうです。
包茎で悩んでいる男性が多くても、実際に手術まで踏み切れないのは心配が先に立つからでしょう。
かといって、そのままコンプレックスを引きずるのが良いとは思えません。
恋人ができたとしても、包茎であるために勇気が出せないということもあるようです。
今はインターネットやメール、電話などで、無料カウンセリングをしているメンズクリニックがたくさんあります。
しかも、包茎手術は意外とリーズナブルな価格でできます。
包茎などでいつまでも悩んでいるより、プロに相談した方がスッキリとするものですよ。